バイク

カワサキのオフロードバイクKLX230の足つきを良くする ローダウンシート

2021年7月20日

Kawasaki KLX230

自分はカワサキのオフロードバイクKLX230に乗っているんですが、

気になっていた事がありました。オフロードバイク全般の特徴でもありますが、

車高の高さによる足つきです。

 

Kawasaki KLX230の足付きは?

KLX230は車高(地面からシートまでの高さ)が885mmあり、

身長が低い方であれば気になるポイントだと思います。

自分も身長が低く、オフロードバイクには慣れているのですが、

どうしても街乗りなど信号が多い道路や、荷物が多い時などは、足つきが不安になってきます。

また林道などの、未舗装路では路面がエグれていたりすれば足がつかないこともあります。

 

 リアサスペンションの調整によって、納車した直後よりは乗りやすくはなっていたんですが、

今回はローダウンシートに加工することで、足つき問題を解消しました。

exterior title
参考カワサキのオフロードバイク KLX230 外観レビュー かっこ悪い? かっこいい?

カワサキのオフロードバイク KLX230を購入したので外観を見ていきます。 オフロードバイクが気になっていたり、KLX230が購入候補に入っていたりする方に参考になれば嬉しいです。   目次 ...

続きを見る

 

シートのローダウン加工とは?

バイクのシートの中にあるスポンジを切り取って、足つきを良くする方法のことです。

よくアンコ抜きといった言い方もされます。(おまんじゅうの中のあんこを抜くイメージ?)

逆にシートをよりフラットにしたり、クッション性を向上させるために、

アンコ盛りといった加工をする場合もあります。

 

昔ホンダXR230に乗っているときにシートカバーの張替えをした経験はあったんですが、

シート加工については綺麗に左右対称に加工する自信と、

時間もなかったので今回は、お店にお願いして加工してもらいました。

 

お店にお願いした加工メニュー

Rikizoh トレッキングシートEX Kawasaki KLX230

ローシートの加工をお願いしたのは大阪にあるお店「ぱわあくらふと」の

Rikizoh トレッキングシート Kawasaki KLX230」というメニューです。

税込み17600円

 

ネットで注文して、自分のバイクのシートを梱包して送り、

ローダウンシートに加工してもらえます。単体での販売もあるので、

ノーマルのシートを残しておきたい場合などには、そちらを購入するのもいいかもしれません。

 

防水加工も施してあるみたいなので安心です。

この価格なら自分で加工するよりも、プロにお任せする方が安心だと思ったので注文しました。

 

使ってみた感想

ノーマルシートよりも約40mmシート高が低くなるので、

足つきはノーマルの状態より、かなり楽になりました。

道路でもトラックが多い道だと陥没していて思ったより足つきが悪くなる時もありますが

そういった場合でも安心して乗ることが出来ます。

また林道走行時でも、ちょっとガレたような場所でも足つきがいいことで、踏ん張れるので安心です。

   left body

(ローシートとノーマルシート)

 

クッション性についてはシートが薄くなっているものの、

ノーマルより悪くなったということもなく、ノーマルの状態とほぼ同じ感じだと思います。

 

しかしオフ車なので長時間乗っていればお尻は痛くなってくると思います。

シートの形状がフラットではなくなるので、コースなどを走行する際に、

シートの前の方に座る、みたいな体重移動はやりにくくなるかもしれませんが、

レース用バイクではないので、そこは妥協点かなと思います。

 

他に車高を下げる方法は?

リンクを交換する方法

リアサスペンションと、スイングアームを繋げる「リンク」と呼ばれる部品を交換することで、

車高を下げることが出来ます。

オフロードバイクの場合は、車高を下げる為のリンクが発売されている事が多く、

KLX230用のパーツも販売されています。

YZ125Xに乗っていた頃はローダウンリンクで車高を調整していました。

 

底が厚い靴を履く

身長を伸ばすことは不可能ですが、これなら足つきが良くなります。

自分も普段の靴より、オフロードブーツを履いた時には若干ですが足つきが良くなります。

バイク用ブーツでも底が厚いものがあるので安全面を考えると、いい選択肢だと個人的には思います。

created by Rinker
ワイルドウィング(Wildwing)
¥16,390 (2022/09/29 09:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

体重を重くする(バイクの沈み込みを増やす)

筋トレして健康的に体重を増やしましょう。そうすれば足つきが良くなる場合があります。

というのは半分冗談で、サスペンションのスプリングをよりソフトなものなど、

自分の体重にあったものに変更するだけで乗りやすくなる場合もあります。

標準でサスペンションの調整ができる場合もあるので調整するだけでも

乗りやすくなると思います。

 

WR250Rに乗っていた頃は、ソフトスプリングに交換していましたが、

またがったときの沈み込みが増え、足つきが若干良くなりました。

 

さいごに

バイクに乗りたい人や、買い替えを考えている人の中には、

バイクの足つきが気になっている人も多いかと思います。

オフロードバイクに限らず、その対策方法はいろいろあると思います。

 

標準のスペックだけで諦めずに、お店の方や詳しい人に相談してみると、

なにか、いい方法があるかもしれません。

自分が本当に乗りたいバイクに乗るのが一番幸せかもしれませんよ

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KT

趣味の事、経験した事をブログで書いています。 バイク、トレーニング、ゲーム、アウトドア 経験談や、買ってよかった物など

-バイク
-, , ,

© 2022 KT blog Powered by AFFINGER5