バイク 整備・カスタム

KLX230のウインカーレンズが割れ、ハンドルがねじれました オフロードバイクのカスタム・整備

2021年9月3日

割れたウインカー

先日、家の駐輪場でバイクを整備用のスタンドに掛けようとしたところ転倒させてしまいました。

打ちどころがたまたま悪かったので、左ウインカーレンズが割れてしまいました。

 

ウインカーの割れだけでなく、ハンドルも曲がってしまいました。

その修理というか、部品交換と修理をしたので記録として残しておきます。

 

ウインカー宙ぶらりんの修正

バイクを倒した先に、大きめの工具箱を置いてあって、そこに運悪く転倒させてしまいました。

ウインカー自体に大きな力が加わって、フレームから外れて宙ぶらりんの状態に。

ウインカーレンズも割れてしまいました。

 

ウインカーが宙ぶらりんになり、取り付け部分が歪んでしまい、

取り付け部分のゴムがはまらなくなっています。

モンキーとドライバーを使ってフレームの修正をしました。

ちょっと歪んでいるので取り付けに苦労しましたが、なんとか取り付けることができました。

 

ウインカーレンズの交換

ウインカーレンズについては交換できるので、webikeで純正部品を注文しました。

webikeの箱

 

純正部品の購入はこちらを参考にしてください

純正パーツ
参考バイクの純正部品の注文はWebikeがおすすめ パーツの探し方と注文方法

バイクパーツの純正部品を注文したことってありますか? バイクの修理やカスタムのとき。気が付いたらボルトが1本なかったり、 ネジ山がなめてしまって新しい部品が必要になったことありませんか?   ...

続きを見る

 

部品番号23007-0229 部品名レンズコンプ

お値段¥1,320でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KT -moto-(@_kt_moto_)がシェアした投稿

(下の緑の箱がウインカーレンズ)

 

レンズの取り外しはウインカの裏側にあるプラスネジを緩めるだけで取り外す事ができます。

ウインカー裏

電球のソケット部分を矢印の方向と逆にひねるとレンズが取り外せるので、

交換します。簡単ですね。

ウインカーソケット

 

ハンドル曲がりの原因

最初ハンドルが曲がってしまったのかと思いましたが。

よく見ると、ハンドルクランプがねじれているのが原因かもしれないと思いました。

KLX230のハンドルバーを乗せるクランプは、軸の部分を支える部品がゴム製のダンパーになっているようです。

ハンドルイラスト

(この2つのパーツ)

ゴム製のため転倒など大きな力が加わると、捻れやすく

ハンドルがバイクの直進方向とはずれてしまう事があるようです。

 

一度ばらして、再度取り付けすることでハンドルは修正できそうですが、

ゴム製のダンパーをアルミパーツに交換できるものがあるようなので、それに交換しておきたいと思います。

created by Rinker
ZETA(ジータ)
¥2,420 (2023/01/30 12:48:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

KT -moto-(@_kt_moto_)がシェアした投稿

 

 

ハンドルの修正作業

ハンドルを取り外す前に、ハンドガードを装着しているのでハンドル両端のガードのネジを外します。

その後ハンドルバーホルダボルト(ハンドルを止めている、上側ボルト)を外します。

ハンドルはメーターの上に避難させます。

 

クランプの下側に、ホルダナットがあるのでそれを外します。

スナップピンを取り外し、ナットを緩めますワッシャも一緒に外れるのでなくさないように注意です。

ハンドルクランプホルダナット

 

ナットを取り外すと、クランプとゴム製のダンパーが外れるのでアルミ製ラバーキラーと交換します。

取り外した逆順でクランプ、ナットを取り付け(トルク34N/m)、最後にスナップピンを挿入。

しっかりとバイク進行方向に、左右並行になるように注意します。

ダンパ

(取り外したゴム製のダンパー)

 

次はハンドルの取り付けます。純正ハンドルであれば、左側のクランプの隙間に合わせる、

ポンチマークがあるので、その部分をハンドルホルダーの隙間にあるように装着します。

ポンチマーク

ハンドルバーホルダボルトはまず先に前側のボルトを締め付け、

次に後ろ側のボルトを締め付けます(トルク29N/m)

締め付け後は隙間ができます。

後はハンドガードを元にもどして完成です。

 

取り付け後に走ってみましたが、特に振動が増えたという感じもなく、

変わった感じはありませんでした。

 

特に難しい作業でもないので、林道などで転倒してハンドルのズレが起こる前に

交換しておいて良かったです。

部品も安いので、見た目と実用性のあるおすすめカスタムですね。

 

ついでに購入した部品紹介

プラグ NGK LMAR9G

プラグ

この前バイク用品店で、KLX230のプラグを探していたんですが、

NGKのカタログではこの型番はメーカー純正部品扱いということでした。

他のメーカーのプラグが合うのかもよく分からなかったので、純正部品と一緒に注文しておきました。

 

クランプ 92173-1526 (純正部品)

ブレーキホースをABSの配線をまとめるバンドのようなものが、

1箇所外れていたので購入して着けておきました。

クランプ

クランプ

 

さいごに

簡単な整備なら直せるけど、工具を駐輪場に持っていったり、

集合住宅なんで整備できるスペースを見つけて迷惑にならないよう

気を遣ったりが最近めんどうだなーと思ってきた。

 

ガレージが欲しい。。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KT

趣味の事、経験した事をブログで書いています。 バイク、ゲーム、ランニング、筋トレ、日常のこと 経験談や、買ってよかった物など

-バイク, 整備・カスタム
-, ,

© 2023 KT blog Powered by AFFINGER5