バイク 林道ガイド

オフロードバイクで楽しむ林道ツーリングガイド 愛知県豊田市「巴ヶ丘小南の林道」

2023年2月、年が明けてから遅めの初乗りツーリングで林道を走ってきました。

愛知県豊田市、三河湖の西、小学校南側にある林道です。

 

マップはブログ記事の最後にあります。

 

林道の概要

 林道名:仮称「巴ヶ丘小学校南の林道」林道標識は確認できませんでした。

全長:約2.7km

路面状況:北側は大きな溝、ガレ場などがあり、南側は全体的にフラット

難易度:★★★☆☆

 

※難易度説明(個人的感想です。あくまでも参考程度に)

★☆☆☆☆ - 初心者でも安心、完全フラットダート

★★☆☆☆ - 初心者には難しい場所も、経験者にとってはただの道

★★★☆☆ - 経験者は楽しい、初心者は怖いかも

★★★★☆ - 冬でも汗かくほどの道 一人じゃ怖いかも

★★★★★ - ハードエンデューロですか?

 

アクセス

高速道路、豊田松平ICから約30km、45分

新城ICから約42km、55分

一般道路から林道へは2つの入口がある。

北側は県道363号を巴ヶ丘小学校方面へ、田んぼを抜けると右側に入口があります。

 

南側は牧場を抜け、舗装林道「林道羽布和合線」を北上すると、

左手に入口が見えます。

 

ツーリングの感想 

北側の入口から入るとすぐに傾斜のある道が続き、道幅も狭く、

大きく路面が荒れていたり岩がゴロゴロしている箇所もあるので、

慣れていないと難しいと感じる道だと思います。

 

自分は車とはすれ違いませんでしたが、4駆のオフタイヤの跡があったので

車でも通る猛者がいるみたいですね。

 

南側は比較的フラットで綺麗な道でした。

 

安全な走行のためのヒント 

林道ツーリングは自然豊かな環境での冒険ですが、安全は何よりも優先されるべきです。

以下のポイントを守り、楽しくも安全なツーリングを心がけましょう。

 

装備の確認

ヘルメット、グローブ、プロテクター、ライディングシューズやブーツなどの

適切なライディングギアは必須です。

事前に装備を確認し、万全の体制で臨みましょう。

 

バイクの整備

オフロードでの走行はバイクに高い負荷をかけます。

特にブレーキ、タイヤの状態、ネジ類の緩みを確認するために、

出発前には必ず点検を行いましょう。

必要最低限の工具を準備することや、自身の整備スキルに合わせて、

予備のレバーやタイヤチューブを用意するのも大切です。

 

天候と地形の確認

林道は天候によって大きく状態が変わります。

雨後の泥濘みや落石、土砂崩れ、枝葉の散乱に注意し、地形の変化には特に警戒を。

可能な限り事前に情報を収集してください。

例えば長雨のあとの週末がたとえ晴れていても、

林道ツーリングは控えるというのも大切な判断だと思います。

 

ペース配分 

初心者の方は特に、無理のないペースで走行することが大切です。

対向車や歩行者、林道作業等、他にも人がいるとの認識をもって、

スピードを出しすぎないようにしましょう。

 

環境への配慮

 林道を訪れる際は、自然環境を守ることも大切です。

野生の動植物の生息域への配慮、ごみの持ち帰りなど、

自然との調和を意識した走行を心がけてください。

 

林道ツーリングは計画的に、安全第一で楽しみましょう。自然を尊重し、他の利用者とも協調しながら、素晴らしいツーリング体験を作り出すことができます。

 

周辺の観光スポット ガソリンスタンドなど

三河湖の西側にあたる地域
コンビニやガソリンスタンドは少し距離を走らないと。

手作り工房 山遊里

ハムやウインナーなどの特産品の販売、ソーセージの手作り体験もできるようです。

軽食やジェラートの販売もあるそうなのでツーリングの休憩にもいいですね。

今度行ったときには立ち寄ってみたい場所です。

 

ガソリンスタンド

一番近くのガソリンスタンドは林道から西へ約12kmの

「アポロステーション下山SS」「JA−SS Jセルフ下山」が

南へ約13kmのところに「JA−SS 作手SS」があります。

 

マップ

   

 

動画で確認する

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KT

趣味の事、経験した事をブログで書いています。 バイク、ゲーム、トレーニング、日常、お金/節約、買ってよかった物など

-バイク, 林道ガイド